タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  ウィーン・フィル
記事 での「ウィーン・フィル」の検索結果 63
カール・ベームの音楽
爛漫亭日誌 ] 20:54 09/08
 いまになって、カール・ベームの指揮した音楽もいいなと思うようになって、時どきCDを取り出します。先週末はウイーン・フィルでベートーヴェン交響曲7番(1972年録音)を聴きました。厚みがあって、適度に..
タグ: ブルックナー ベートーヴェン モーツァルト 指揮者 大学生 音楽 叔父 ベーム ワルター 交響曲
「春」という歌
爛漫亭日誌 ] 09:06 04/19
 リヒャルト・シュトラウスの『四つの最後の歌』の第1曲は「春」というヘルマン・ヘッセの詩に曲をつけたものです。オーケストラを従えソプラノが唄います。               「春」    ..
タグ: 詩/詩人 四つの最後の歌 音楽 歌手 ソプラノ リヒャルト・シュトラウス キリ・テ・カナワ ディアナ・ダムラウ ヘッセ
音に浸る
爛漫亭日誌 ] 08:20 10/13
 今日はブルックナーの交響曲第4番「ロマンテック」を聴きました。クラウディオ・アバド指揮、ウィーン・フィル(1990年)です。秋めいてきた外気のように、爽やかで芯のしっかりした演奏でした。  ブ..
タグ: 音楽 交響曲 ブルックナー 指揮者 作曲家 アバド ウィーン・フィル
ブルックナーの世界
爛漫亭日誌 ] 08:53 01/12
 気になりながらそのままになっている事は種々ありますが、一度、ブルックナーの交響曲を第1番から順に第9番まで聴いてみようと、昨年末から取り組んでみました。第4番「ロマンチック」と第7番は、好みの曲なの..
タグ: 音楽 交響曲 指揮者 ブルックナー ヴァント ベーム ジュリーニ アバド シューリヒト オーストリア
さわやかな五月に
爛漫亭日誌 ] 08:24 05/18
 野山は新緑が鮮やかです。この時節にふさわしい音楽、ベートーヴェンの交響曲第6番は「田園」と呼ばれています。原題 Pastorale の訳語です。では、日本で田園という言葉がいつからあるのかと思ってみ..
タグ: ウィーン・フィル 作曲家 音楽 交響曲 田園 ベートーヴェン 陶淵明 漢詩 ベーム 指揮者
ウィーン・フィル マーラー「復活」 (ウィーン&ブダペスト音楽三昧 その6)
ウィーン音楽三昧は、早くもクライマックス。王宮礼拝堂の日曜ミサを途中退出して向かったのは、いよいよムジークフェラインでのウィーン・フィル…というお話しの続きです。 高まる気持ちを抑えきれずつい足..
タグ: ウィーン・フィル ウィーン・ソフィエンザール マーラー
春の音
爛漫亭日誌 ] 09:00 03/11
 桜の便りが聞こえ始めています。天気は曇っていても冷気は感じず、冬は去ったと体感できます。   春の木木光のうちに揺れみだれ        きらめき騒ぐ美しさ見よ (窪田空穂)  なんと..
タグ: 和歌/短歌 音楽 交響曲 シューマン バーンスタイン ウィーン・フィル 映画 アマデウス 歌人
身につまされる演奏
爛漫亭日誌 ] 16:33 02/13
 音楽はビミョウなもので、演奏者によって「いいなぁ〜」と思えるときと、からだになじまない場合とがあります。  ひと月ほどまえ、CD屋さんに、W.バックハウスのピアノ演奏、K.ベーム指揮、ウィーン..
タグ: ブラームス ピアノ 名盤 ベルリン・フィル ウィーン・フィル ピアニスト 指揮者 ピアノ協奏曲 音楽 スタインウェイ
春の目覚め... ランゴー、芳しき、交響曲。
音のタイル張り舗道。 ] 23:00 04/04
何だか、万葉への思いが、フツフツと湧いてしまっている、単細胞生物です。 いや、「令和」がなけらゃ、『万葉集』への関心なんて、なかなか沸かなかったよ。と、つくづく... そして..
タグ: ウィーン・フィル 交響曲 北欧 20世紀
ウィーン・フィル演奏会
川べりの散歩 ] 09:26 11/26
11月24日、16時~18時10分、サントリーホールでウィーン・フィル演奏会をきく。 指揮はフランツ・ウェルザー=メスト。 ①ドヴォルザーク 序曲「謝肉祭」 ②ブラームス ヴァイオリンと..
タグ: ウィーン・フィル
ブルックナー交響曲第8番/カラヤン&ヴァント
今日のブルックナーは第8番です。 カラヤン盤:ウィーン・フィル,1988年11月,ウィーン・ムジークフェラインでのライヴ録音 ヴァント盤:ベルリン・フィル,2001年1月19日~22日,ベルリンフ..
タグ: ヘルベルト・フォン・カラヤン ギュンター・ヴァント ベルリン・フィル ウィーン・フィル ブルックナー交響曲第8番
ウィルヘルム・バックハウス/ブラームス・ピアノ協奏曲第2番
ベートーヴェンのピアノ協奏曲を三巨匠の録音で聞き,打ちのめされた感があります。 3枚のCDを何度聞いたことか。 事ここに至っては,バックハウスの代表録音を聞かずにいられないでしょう。 ブラー..
タグ: ウィルヘルム・バックハウス カール・ベーム ウィーン・フィル ウィーン・ゾフィエンザール DECCA
前のページへ 1 2 3 4 5 6 次のページへ