タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  /  詩
関連するタグ: 作詞  恋愛  ポエム  片思い  希望 
記事 での「」の検索結果 2444
「春」という歌
爛漫亭日誌 ] 09:06 04/19
 リヒャルト・シュトラウスの『四つの最後の歌』の第1曲は「春」というヘルマン・ヘッセの詩に曲をつけたものです。オーケストラを従えソプラノが唄います。      「春」     薄暗い洞穴の中で..
タグ: 音楽 CD 詩人 歌手 ドイツ文学 リヒャルト・シュトラウス ソプラノ 歌曲
アイヌのウポポ(関西学院グリークラブ第36回東西四大学合唱演奏会)
 この前年に亡くなられた清水脩先生を偲んで、この回の東西四連では、関学グリーと慶應ワグネルは清水作品を取り上げました。関学グリーは、北村協一先生指揮の「アイヌのウポポ」。第1回の世界合唱際に関学グリー..
タグ: アメリカ 指揮 表現 意味 技術 バランス ドイツ語 男声合唱 発音
畑中良輔先生の「魔法」その2
 先日、畑中良輔先生の卒寿をお祝いする会に出席しました。その席で畑中先生から頂戴した言葉を紹介したいと思います。  「どの曲も、最初の練習日に指揮したときは、目の前が真っ暗になって『どうしてこの..
タグ: 音楽 文学 文化 記憶力 伝統芸能 背景 魔法 練習 言葉
畑中良輔先生を悼む
 久しぶりの更新になりました。  畑中良輔先生が5月24日にお亡くなりになってから、早3ヶ月が過ぎました。この間、畑中先生の追悼文を書かなければと思いながらも、その後、個人的な訃報にも相次いで見..
タグ: 音楽 海外 クラシック 文学 美術 ロック 指揮 シューベルト オペラ
風信子忌
昨日3月29日は立原道造の命日、風信子忌(ヒヤシンス-き)でした。気づくのが一日遅れてしまいました。ファンなのに、恥ずかしい限りです。 やさしいひとらよ たづねるな! ―なにをおまへはして来た..
タグ: 詩人 ヒヤシンス 軽井沢 3月29日 高原 追分 天才 三善晃 立原道造
子猫
会いたいときには いつもどこか遠くにいて かまってほしくなると 僕に近づいてくる 横にいたはずが 気付くと隠れてしまう 話したいことがあると 僕に連絡くれる 君の瞳は誰を映して..
タグ: 恋愛 作詞
記事の検索結果へ >>
画像 での「」の検索結果 8
画像の検索結果へ >>